通販サイトで買ったワインが届いた!家でワインを保存する正しい方法

家ワインを楽しむ

ワインは保管時の環境によって品質が大きく変わる

ワインはコルクでしっかりと栓がされていますが、それでも保管方法を間違えるとすぐに劣化してしまうデリケートな飲み物なんです。

だからこそワインセラーと呼ばれる、温度と湿度を一定に保つような専用製品があるわけですね。

劣化してしまえば、いくら未開封でもおいしくいただくことはできません。
苦味や酸味が必要以上に強くなってしまうこともあれば、香りが飛んでぼやけてしまうこともあります。

おいしく飲むためにワインを購入したのであれば、できるだけ適切な環境で保存してあげてください。

ワインは環境に敏感で品質が大きく変化する

赤ワインは特にそうですが、瓶に色がついていますよね。
あれは光を遮るためなんです。

ワインは光が苦手。
長期間太陽光や蛍光灯などに当てると劣化が早まってしまうので、必ず暗所で保管してあげないといけません。

温度と湿度も重要です。

温度は13~15度程度で一定に保てる場所が理想です。
湿度は75%前後が理想です。

日本は夏と冬では気温も湿度もまるで変わってくるので、ワインにとってはかなり過酷な環境と言えるでしょう。
ワインセラーなどを持っていないとなれば、自宅に届いたワインの品質は日毎に変わっていってしまうと思っておくべきです。

大事なのは、その変化を最小限に抑えるという意識を持つことですね。

そうすれば、品質を維持したまましばらくは保管することができますよ。

開封済み・未開封かによって保管方法が違う

ワインは、一度コルクを抜いたら、できるだけ早めに飲み干すことをおすすめします。

空気に触れた瞬間から酸化による劣化が始まっていくからです。
ただ、すぐに飲めるほど量が少ないわけではないので、どうしても飲みきれないことも出てくるでしょう。

ワインは、コルクを開ける前と後では保管方法が異なることも知っておきたいですね。
同じように保管していると、もしかしたら劣化が早まって、せっかくのワインも台無しになってしまうかもしれません。

自宅で未開封のワインを保管する正しい方法

未開封のワインであれば、いわゆる冷暗所に保管することで、品質をある程度維持することができます。

床下倉庫や押入れなどが比較的最適な場所になるでしょう。
保管する際には、温度や湿度のチェックは必ず行ってください。

押入れなどの場合には湿気取りを置いているお宅も多いかもしれません。

説明しましたけど、ワインの保管にはある程度の湿気が必要ですから、湿気取りは入れず、75%前後の湿度を保ったところで保管しましょう。

夏場は床下や押入れでも温度が高くなる可能性が高いので、冷蔵庫の野菜室に入れての保管をおすすめします。

保管時は、栓の部分をラップで包み、さらに新聞紙などで全体を覆ってしまいましょう。
乾燥と他のもののニオイがつくのを防ぐことができますよ。

温度や湿度が一定に保たれているのであれば、ボトルを横にして保管してください。
これによってコルクの乾燥を防ぐことができます。

【保管場所】
床下倉庫、押入れ

【湿度】
75%前後の湿度を保つ

【夏場の保管場所】
冷蔵庫の野菜室

【保管する時のポイント】
①栓の部分をラップで包む
②新聞紙などで全体を覆う
③ボトルを横にして保管

自宅で開封済みのワインを保管する正しい方法

もし一度コルク栓を抜いたワインを飲みきることができなかった場合は、ワインストッパーなどで栓をしてボトル内の酸素を取り除いて保管しましょう。

ワイン用のストッパーは繰り返し使えますから、いくつか持っておくことをおすすめします。
私たちも何個も持っています。

ストッパーなどがないなら、残したワインがちょうど入るような小さめのボトルに移し替えて保管する方法も試してみましょう。

空気に触れる面積を少なくすれば、それだけ劣化のスピードを遅らせることができます。

開封済みのワインは、冷蔵庫で保管してください。
コルク栓はすでに抜いているので寝かせる必要もありません。

【保管場所】
冷蔵庫

【保管する時のポイント】
①ワインストッパーで栓をして酸素を取り除く
②ボトルを横に寝かせる必要はない

開封済みのスパークリングワインを保存するのは難しい

スパークリングワインは、一度開けてしまったら、何日も保存して楽しむことは難しいでしょう。

スパークリングワインの最大の魅力である泡はすぐに抜けてしまいます。
コーラやサイダーなどと同じですね。

時間が経って炭酸が抜けたコーラを飲んだ経験を保つ人も多いと思います。

スパークリングワイン用のワインストッパーがあるので、コレを使用すれば少しは長持ちさせることができます。

でもやっぱり新鮮な泡の状態は維持できませんから、「開けたら飲む」を実践することをおすすめします。

【結果】開封済みならワインクーラー、未開封ならワインセラーで保存が最適

ワインを最高の状態で保管するなら、ワインセラーがベストですね。

似たような製品にワインクーラーと呼ばれるものがありますが、こちらは開封した後のワインを保管するのに適しています。

ワインセラーは未開封のワインの保存に最適なのですが、それは加湿機能が付いているためです。

ワインの保存には湿度が重要と説明しましたけど、ワインセラーはその湿度調整ができるんです。

一方のワインクーラーは、冷やすことはできるけど湿度を上げることはできません。

そのため開封前のワインには向かず、すぐに飲む予定の開封済みのワインを一時的に保管するのに向いています。

どちらもあればベストですけど、どちらかしか設置できないならワインセラーを選びましょう。

【ワインセラー】
未開封のワインの保存に最適
保湿調整ができる

【ワインクーラー】
開封済みのワインを一時的に保存するのに最適
冷やすことはできるけど、保湿調整は出来ない